リフォームトラブルに合わないためにReformation Trouble

リフォーム業者を装って、高額な費用を騙し取るなんていう悪質な訪問セールスのトラブルが良くありますが、最近ではきちんとした業者に頼んで契約もしたのにトラブルが起きてしまう事が増えてきているようです。今回はそのトラブルの事例などを簡単にご紹介します。

こういったトラブルの相談は国民生活センターにくるのですが、寄せられた主なトラブルは「口頭で100万円程と聞いていたのに、いざ内装工事が終わってみると160万円の請求が来た」という、工事内容を記した書類がなく、約束とは違ったずさんな工事をされたというものです。

また、契約書は交わしていたけれども何故か空欄が多く、いつまでも埋まらず契約内容を特定する書面になっていなかったり、図面は貰ったけれどそのとおりの工事ではなかったり、契約書の工事開始日がいつまでも空欄のままで工事がいつまでたっても始まらなかった等のケースもあります。

そして意外にも多いのが「リフォーム業者である知人に頼んだので、契約書も工事内容も曖昧なまま進んでしまったためにトラブルになってしまった」というケースです。悪徳セールスだけでなく、工事に入る段階にきてトラブルになるケースが多いので、事前にこういう事例があることを知っておき、なるべくトラブルは回避していきたいですよね。

では、こういったトラブルを防止していくための対策についてもみていきましょう。そもそもリフォームというのは、まだ出来ていない物を買う(契約してお金を払う)わけですので、業者が信頼できるかどうかの見極めや、どこをどんな風に工事して、いつ作るのか等全て書類にまとめておくことが非常に大切になってきます。どんなに細かく小さいことでも口頭では済ませず、書類にまとめましょう。

まず、業者選びの段階では「相見積もりを取り」よく見極めることが大切です。業者を決めたら打ち合わせがありますが、電話での打ち合わせとなった場合はその内容を含め全てメモに残しましょう。話しが進んだら、工事の内容を記した書類、見積書を貰って、その場できちんと確認しましょう。そうしたら、正しく契約を交わし、内容と少々面倒に感じるかも知れませんが契約条項にもしっかり目を通しましょう。

ここで内容や契約条項を読み飛ばしてしまうと、小さくともトラブルは発生し大きくなっていくものなので気を付けましょう。そして、工事が無事終わったらお互いの立会の元、完了検査を行いましょう。こうすることでトラブルを防ぐことが出来ますので、書類は必ず貰い、口頭のものは必ずメモを取るようにしていきましょう。

人に伝えたいサイト

Copyright(C) リフォームトラブルに合わないために All Rights Reserved.